京阪流通システムズ

Recruiting information 2021

ENTRY

About

アイデアが価値になるまで

不動産はどれも異なる個性を持っており、その特性を生かした運営管理を不動産所有者(オーナー)に代わって行うことで、資産価値・収益の最大化を図るのがプロパティマネジメント事業です。なかでも当社は”商業”に特化したプロパティマネジメントを行っています。
商業施設はそこで買い物をする人、働く人、住まう人が集って利用してくださることで、初めてその価値を発揮します。「土地・建物」というハードと、「商品・サービス」というソフトの両方の能力を引き出しプロデュースすることで、私たちは”オーナー・テナント・お客様・街”へ新たな価値を提供していきます。

01

開発のスタート

商業施設オーナーへの
開発・リニューアルの提案

京阪ホールディングスや不動産投資家の所有する商業施設に、新たな魅力をもたらし、集客と収益の向上を図るため、定期的に開発・ニューアルの提案を行います。

02

分析・プラン策定

集客力のある商業施設のための
情報収集とプラン策定

まずは立地の周辺環境について調査します。エリアの属性や競合施設をはじめ、エリア外からの流入経路、人口分布などについて、過去~現在に至るまでを把握します。それらと日々収集している流通市場のトレンドを元に、ターゲット層の選定をし、開発コンセプトを策定します。

03

リーシング・内装設計

コンセプト・MDに合わせた内装と
テナント誘致で独自の施設開発

計画に基づいたフロア構成やテナントミックスを考慮したうえで、リーシングを開始します。鉄道グループという信用力と幅広いネットワークを武器に、”旬”のテナントへアプローチ、条件交渉のうえ契約締結を行います。同時に、各テナント区画の建築工事や内装工事を行い、時代のニーズを反映した、その施設独自のカラーを創り上げていきます。

04

売上向上施策

イベント企画や各テナントへの
提案で集客&売上につなげる

施設の開業・リニューアル後は、運営管理者としてのフォローが始まります。目標達成に向けた意識を共有し、信頼関係のもと各テナントへ売上向上施策の提案を行います。またテナント個々では難しい、施設全体としての集客向上施策については、イベント企画やハウスカード(e-kenetカード)を活用した顧客戦略など、運営管理者にしかできない手法で大々的に行います。

05

施設管理

快適で安心安全な空間づくりで
誰もが集う場所へ

お客様やテナント従業員が安全で快適に過ごすための建物の維持には、協力企業との連携が不可欠です。警備や清掃など必要最低限のメンテナンスはもちろん、授乳室や従業員休憩室の充実など、ニーズにあった改善も随時行います。また商業施設が存在することで、雇用の創出や、街全体が明るくなり防犯に繋がることもあります。地域に暮らすどんな方でも集いやすく、新たな価値を提供できる空間づくりを、これからも目指していきます。