京阪流通システムズ

Recruiting information 2021

ENTRY

About

トップメッセージ

株式会社京阪流通システムズ 代表取締役社長 松下 靖

株式会社京阪流通システムズ
代表取締役社長
松下 靖

街や地域の魅力を、
より輝かせる商業施設を。

多様なニーズを叶える施設づくりに取り組み、 未来を見据えた事業拡大にも挑戦。

京阪流通システムズは、商業施設の運営・管理を担う会社として、直営物件や他社所有物件のプロパティマネジメント事業を行っています。これら様々な立地や性格を持つ商業施設の運営で培ったノウハウを武器に、新店舗のリーシングやコンサルティングといった分野にも事業の幅を広げています。

近年、商業施設の業界は、人口減少・少子高齢化や多くの商業施設の開業や増床によって、成熟期に到達していると考えています。さらにEコマースの台頭もあり、これまでのように「モノ」を売るだけの施設では、これからの厳しい状況を乗り越えることはできないでしょう。

私はこれからの時代が「価格」志向から、「価値」志向へ変わると思っています。当社の商業施設がお客様から選ばれ続けるためには、お客様にとっての「価値」は何であるかを強く意識して、差別化を図り続けることが必要不可欠です。

当社は100年以上の歴史がある京阪グループの一員として、沿線地域に住まう方々の暮らしに寄り添いながら、お客様にとっての「価値」は何なのかを強く意識してきました。
これからも、新たな価値提案を目指して、既存の商業施設のリニューアル、京都タワーサンドに続く企画の立ち上げ、商業施設新業態の開発など、事業の規模・幅の拡大に積極的にチャレンジしていきます。そして、私たちは、これからも街のシンボルとなる商業施設の魅力をさらに高めることで、地域の活性化に貢献していきます。

自分のアイデアが仕事の「価値」へつながる 街や暮らしの「価値」向上へつながる

当社では、入社1年目から様々なアイデアが求められ、自分が携わった仕事の「価値」をリアルに感じることが出来ます。例えば、イベントを企画したときには、集まったお客様の表情や反応を直に感じることができます。新しい商業施設を立ち上げるときには、大きな建築物の完成、テナントや街の人の表情や反応も目の当たりにすることができます。

当社は、商業施設をプラットフォームとして、不動産と小売りの両面から、街や暮らしの「価値」向上をプロデュースする会社です。小売りの目線でお客様のニーズを理解できていないと、より良いテナントを誘致することが出来ません。地域のランドマークたる商業施設には、街の歴史や立地から不動産価値を紐解く目線も必要になります。そして、ハードやソフトの両面から、従来の枠にとらわれないユニークなアイデアで、周囲に働きかけ実現していく強い推進力が求められます。

当社が求めるアイデアは一つの正解だけではありません。トレンドを読みながら、お客さまとその背景にある街や暮らしを見据える広い視野を持ち、自らが考え、発言し、行動できる人材に、活躍の場が用意されています。この街にしかない商業施設を一緒につくっていきましょう。