京阪流通システムズ

Recruiting information 2021

ENTRY

STAFF
VOICE

PM事業部浦田 将太 2010年入社
理工学部 建築学科

最大限のパフォーマンスを発揮し 施設に華やぎと賑わいをもたらす。

ココロ踊る瞬間

自分が企画したイベントが、思い描いた通りのカタチで実現した瞬間は大きな達成感に包まれます。イベントを楽しんでくださっているお客さまを実際にこの目で見ると、その達成感はより一層、大きな喜びへと変わります。

京阪流通システムズを 志望した理由を教えてください。

学生時代、建築について学んでいましたが、将来の可能性を狭めたくないと思い、就職活動では流通・小売・飲食・建築など様々な業界を視野に入れていました。最終的にホテル・小売・流通の3業界まで絞りましたが、いずれも各々の魅力があり、最後まで決めあぐねていたのを覚えています。最終的に京阪流通システムズに決めたのは、若手のうちからいろんな仕事ができることに魅力を感じたからです。また、京阪グループの一員として流通業を通じて、地域振興や街づくりに貢献できる点に惹かれたことも入社を後押ししました。

現在の仕事内容や 印象に残った出来事について教えてください。

私が所属するPM事業部では他社物件を専門に扱います。自社物件を扱う事業部以上に少数精鋭のため、必然的にひとつの業務の責任範囲が大きくなり、業務量も多くなります。限られた時間の中で優先順位を付けながら、関係各所と連携を取りつつ、テナント営業や管理業務、販促、勤怠管理や採用業務に至るまで、多岐に渡る業務を同時並行で進めていきます。
PM事業部に赴任してから4年間「ブルメールHAT神戸」を担当していましたが、2019年夏から愛知に移り「リソラ大府ショッピングテラス」の館長を任されることになりました。それに伴い各店舗に最後の挨拶に回っていたのですが、ある飲食店舗の店長さまが涙を流してくださったことは一生忘れられないと思います。テナントと確かな信頼関係を築けていたことを実感し嬉しく思うと同時に、愛知でもがんばろうという気持ちが一層強くなりました。

今後挑戦してみたいことや 目標は何ですか?

新しく赴任する「リソラ大府ショッピングテラス」の館長として、安定した運営を行いながら、お客さまはもちろん、テナントやオーナーに喜んでいただけるような取り組みを積極的に行っていきたいです。館長という立場に就くのは初めてのことなので緊張感はもちろんあります。ですが、それ以上に何人もいた館長候補から自分を選んでいただけたことを光栄に思っています。これまでに培った経験を活かしながら、新天地でもより良い施設づくりに努めます。

OFFの過ごし方

休みの日は妻や娘と商業施設や動物園など、いろんな場所に出かけます。よく「自分の子どもは目に入れても痛くない」と言いますが、自分が親になってそれを心の底から実感する毎日です。娘の父親離れが始まるまでにできるだけ多くの時間を過ごしたいと思っているので、娘と遊んであげているというよりは、娘に遊んでもらっているという感覚ですね(笑)。

1日のスケジュール

STAFF LIST